健康食品などを販売している株式会社Growasに対し処置命令へ

消費者庁は2019年3月28日、「アルバニアSPホワイトニングクリーム」「クレンズスプラッシュ」「バブリアボディ」「ノンファットタイム」「ウルトラシックス」という5つの商品を販売している株式会社Growasに対して景品表示法違反で再発防止命令が言い渡されました。

この会社の販売している商品の多くは過剰な優良誤認(商品・サービスを実際よりも著しく優良にみせかける表示)を行っていました。

どのような表示が違反として認定されたのでしょうか?

概要

この処置命令は様々な新聞などでも掲載されており、少し大きな事件になりました。

対象商品は以下の5商品

  • シミ消し訴求の化粧品「アルバニアSPホワイトニングクリーム」
  • ダイエット訴求の健康食品「クレズプラッシュ」
  • ダイエット訴求のボディクリーム「バブリアボディ」
  • ダイエット訴求の健康食品「ノンファットタイム」
  • 痩身と筋肉増強を訴求する着圧衣類「ウルトラシックス」

これらの商品はいずれも過剰な商品紹介を行っており、「これを使うだけで痩せられる」「きれいになる」と思わせるような内容販売をしておりました。

株式会社Growasの売上は29年4月で約40億円なので、かなりの人が被害にあっていると予想できます。

現在ではこの5商品のうち一部は販売を終了。ほかの商品は広告文を無くして販売しております。

景品表示法違反による命令内容は「優良誤認の早急な改善」「効果の根拠がある場合はその裏付け」「価格の表記の合理的な根拠がない」。

販売会社である株式会社Growasは指定された期間内に改善結果を国に報告しないといけまん。

次にそれぞれの商品についてみてみましょう。

アルバニアSPホワイトニングクリーム

アルバニアSPホワイトニングクリームはシミを消すためのクリームとして販売しており、今でも楽天などでは購入できます。

今回はあくまで広告に対する処分命令なので、楽天経由で販売していた販売代行会社に対しての実害はありません。
もちろん、商品を使っての実害の可能性も低いです。

販売していたのは自社のウェブサイト「Shopping Mall」。どのような内容で販売していたのか、一部画像をピックアップしてみましょう。

すべての画像はこちらにて消費者庁のpdfファイルとして掲載していますので、気になる方はご確認ください。

上記の画像だけをみても明らかに薬機法を無視した表現ばかりであり、意図して優良誤認を行っていた可能性が極めて高いです。

この画像を見たら、アルバニアSPホワイトニングクリームを使用するだけで短期間で簡単にシミを解消、軽減しつつ肌が白くなると思ってしまいます。

実際にはそのような効果の根拠はないので注意してください。

クレズプラッシュ

クレズプラッシュはダイエット向けサプリとして販売しています。当初は3000円ほどで販売していたものの、今回の処分があった為なのか、アマゾン価格が822円になっていました。

販売していたのは自社のウェブサイト「Shopping Mall」。どのような内容で販売していたのか、一部画像をピックアップしてみましょう。

すべての画像はこちらにて消費者庁のpdfファイルとして掲載していますので、気になる方はご確認ください。

芸能人の部分はもともと黒塗りなどはされていません。実在のテレビ番組などを使用し、さも「テレビで話題」と演出したのでしょう。実際にはそのような放送はしていません。

このテレビ番組で紹介されたという手法は他の悪質なサプリメントでも見ることがあります。

もちろん、このサプリを使用して脂肪が溶け出すともなければ痩せることもありません。

完全に詐欺的な広告内容ですね。

バブリアボディ

バブリアボディもダイエット関連ですが、こちらはクリームになります。

バブリアボディもいまだアマゾン・楽天で販売しているものの、アマゾン価格は販売当時より1000円ほど安くなっていました。

販売していたのは自社のウェブサイト「Shopping Mall」。どのような内容で販売していたのか、一部画像をピックアップしてみましょう。

まるでバブリアボディを使えば脂肪がすぐに分解して太らなくなるような表現をしていますね。

他の商品と同じパターンです。
このような効果のある商品はこの世にありません。あったら病院でのみ処方されるでしょうね。

価格も「もともと13,000円なのを特別に2,980円にしている」かのように表記しています。
ですが、バブリアボディが13,000円で販売したことはなく、これも優良誤認の表記に該当します。

なお、消費者庁が調べたところバブリアボディにはメーカー希望小売価格が設定されていなかったことがわかっています。

ノンファットタイム

ノンファットタイムは「使うだけで体重が蒸発する」といううたい文句で販売していたダイエットサプリ。

すでに楽天やアマゾンでは購入できなくなっていました。

これを販売していたのは、上記商品とは別の自社販売サイト「Girls Lab」。どのような内容で販売していたのか、一部画像をピックアップしてみましょう。

報道用の資料には載っていませんでしたが、芸能人のインスタグラムを加工したものも使用しており、元々ネット上では評判は良くなかったようです。

こちらも他の商品と同じで、価格の過剰な値引き感を出す偽造や、過剰な効果の広告をアピールして販売していたことで消費者庁に警告を受けました。

ウルトラシックス

最後に紹介するウルトラシックスは唯一の男性向け商品。こちらも自社のウェブサイト「美建工房」で販売されていました。

加圧シャツという、着ながらトレーニングができるといううたい文句で販売しているシャツになります。

加圧シャツというジャンルに関しては業界全体に対して「着圧によるトレーニング効果や筋肉が付く根拠が乏しい」として改善命令が出ていました。

それを考慮したとしてもウルトラシックスは過剰が広告内容でした。広告の内容を見てみましょう。

「実店舗のジムで即完売」「アメリカの委員会で最大評価」「着るだけで腹筋300回分の筋肉運動が発生」など、過剰な表現が非常に多く含まれています。

もちろん、これらは事実ではありません。過剰な優良誤認を引き起こす広告です。

なお、他の商品とは違いウルトラシックスは価格を過剰に安価に見せる手法は取っていません。

その為なのか、2019年4月2日現在でもアマゾンで購入できます。

教訓:「これを使うだけでいい」と思った商品は危険

株式会社Growasは昨今の通信販売における問題をすべて行ったかのような内容であり、国の対応も非常に速かったです。

ですが、他にも行政処分を受けていない健康食品や肌着・下着といった商品は多々あります。

大切なのはそのような悪質な商品を見極める目を持つこと。

商品の広告を見たときに「これだけで○○Kgも減った」「○○を使うだけでこんなになった」という内容の広告をみたら、ほぼ確実に悪質な商品ですので購入をしないようにしましょう。

今回の商品のように改善命令を受けたからといって支払ったお金が返ってくることはありません。

最終的には消費者自身が賢くなる必要があります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です