精力剤トンカットアリαに対しての注意喚起(2019/3/28)

画像引用元:トゥインクル池袋

東京都福祉保険局は3月27日、買い取り調査をしていたサプリメントのうち、トンカットアリα(アルファ)という商品に対して販売中止および自主回収を命じました。

情報元:医薬品成分を含有する製品を発見

どのような経緯で発見し、どのような対応をとられたのでしょうか?商品説明とセットで解説いたします。

トンカットアリαは東京のアダルトショップで販売されていた

各都道府県をはじめとした自治体は定期的に商品の買い取り調査を行っています。
東京都も例外ではなく、様々な実店舗・インターネット販売などでサプリメントを購入しています。

今回は東京都千代田区にある店舗(アダルト)で販売されていた精力剤「トンカットアリα(アルファ)」にて勃起促進成分「ノルカルボデナフィル」が混入していることが判明。店舗に対して販売停止と自主回収が命令されました。

商品データは以下の通り

表示内容 品名 トンカットアリアルファ
名称 粉末清涼飲料 カプセル入
輸入者 株式会社アウトバーン
愛知県日進市赤池2丁目911-3C
原材料名 砂糖、インスタントコーヒー、脱脂粉乳、トンカットアリ粉末、ガラナ粉末、マカ粉末、ゼラチン
内容量 5粒(1~2回分)
消費期限 2020年2月1日
原産国名 マレーシア
形状 カプセル
検出成分 1カプセル中「ノルカルボデナフィル」を3.3ミリグラム検出

引用元:医薬品成分を含有する製品を発見

報道資料では記載されていませんが、トンカットアリαは別のお店でも販売していることがわかっていますので、そちらでも同様の対応がされるでしょう。

トンカットアリαは販売店舗が個人輸入でマレーシア入手し販売していたとのこと。
店舗が個人輸入で海外製品を入手し、販売する事例は全国で見られます。

今回の勧告は東京都だけですが、全国の関係団体には通告済みなので安心してください。

トンカットアリαという精力剤とは?

先ほど説明した通り、トンカットアリαはマレーシアのサプリメント。

公表されていた成分としては砂糖とコーヒー、脱脂粉乳が多めに配合されています。商品名にもなっているトンカットアリは思っているより少ないです。

活力を感じる主な成分はコーヒーのカフェイン効果だと思われます。

ノルカルボデナフィルとは?

ノルカルボデナフィルはED治療薬として承認されているシルデナフィル(商品名:バイアグラ)の類似化合物。
バイアグラの成分が入っていたという認識で問題ありません。

シルデナフィルとその類似成分は海外の精力剤に混入していることが多いです。

シルデナフィルは医薬成分に該当しており、医師の診断なしで使用してはいけないと医薬品医療機器等法第55条第2項(無承認医薬品の販売・授与等の禁止)で決められています。

例外として個人輸入によって入手する方法がありますが、その場合は実店舗による販売はNG。今回の事例も日本国内で実店舗として販売していたので自主回収となっています。

株式会社アウトバーンについて

輸入代行を行っていた株式会社アウトバーンについても調べてみました。

会社名で検索すると複数の同名の会社が出てくるものの、住所で検索で該当する会社が判明しました。

株式会社アウトバーン

該当した会社の本業は自動車のミラーを中心に販売しているようです。サイト上ではサプリメントの個人輸入を行っているという記載はありませんでした。

また、グーグルマップなどで住所を調べてみたところ、該当場所はマンションの1室となっていました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です